先物取引発祥の地の大阪について

先物取引発祥の説明

先物取引の起こりは、
江戸時代の大阪(当時の表記で大坂)でした。

 

当時の基軸通貨は、米です。
年貢として各地から納められる米を、
販売することで幕府や藩の財政を賄っていたのです。

 

江戸時代の大阪では、この年貢米を一旦藩の蔵屋敷に備蓄し、蔵屋敷から米問屋に販売され、更に米問屋が米仲買の役割を果たして小売商へと売買され、各地に流通していくシステムを取っていました。

 

この、流通システムには2つの問題点がありました。
1つは、米の生産量や品質は天候などに左右されるため、納められる年貢米が多ければ価格が下がり、少なければ価格が高騰するという基軸通貨そのものが不安定だったこと。

 

もう1つは、米仲買の役割を果たす米問屋によって、品質や価格にばらつきが生じていたことです。
これらの問題点を解決し、経済を安定するために考えられたのが先物取引なのです。

 

大阪商人の淀屋常安は、米市場の設置を幕府に願い出ると、
流通する年貢米すべてを買取ることで米の価格を安定させました。
米の価格が安定することで品質のばらつきを揃えることにも成功し、経済の安定化を図ったのです。

 

この、淀屋常安の足跡は大阪証券取引所からもたどることが出来ます。

 

その昔、淀屋が蔵屋敷や米市場に向かう人々の為に架けた橋は淀屋の橋と呼ばれ、
大阪証券取引所の近くには今も「淀屋橋」の地名が残っているのです。

 

かつての米市場から、時代と共に取扱う商品は変わりましたが、
大阪は今も「市場の町」として存在感と歴史を感じることができます。

日経225miniで勝てる! ツールなど

スーパースキャルピング225 (日経2225mini × MT4 )
分散型システムトレード 暴落に負けない投資法

日経225先物トロワシステムズ

OPライト 暴落に負けない投資法

日経225・シストレスターターキット MT4を使えるシストレ 10万円からはじめる日経225ミニ攻略法 日経225miniとミニTOPIX

日経225・シストレ初心者の為のスターターキット

日経225・最高の勝率・すごく簡単です矢印でエントリー・MT4チャート使用日経225MT4

10万円からはじめる日経225ミニ攻略法10万円からはじめる日経225ミニ攻略法?|?fx-on.com

銭亀NT自動売買 mini3枚セット【投資助言商品】銭亀NT自動売買 mini3枚セット【投資助言商品】?|?fx-on.com

日経225先物などのチャートギャラリー プロ 無料動画Webセミナー 〜 岡三オンライン証券RSSで作る「自動売買」

チャートギャラリー

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。